会員特典アウトソーシング・会員特典代行サービスは株式会社シュフリー

主婦が活躍する社会をつくる!

お問合せ・資料請求

日本一働く主婦を輝かせる社長のブログ

夏休み子連れ出勤の折り返し地点にて 

投稿日: 2015.08.18

夏休み子連れ出勤の折り返し地点にて

シーネットの夏休み子連れ出勤、第4回引率を担当しました!

先週、無事、第6回を終えた子連れ出勤「夏休み子どもわくわく体験!2015」。
その少し前の第4回、私が子ども達の引率をしました!

夏休み子どもわくわく体験とは?

週に2回、お子さんと一緒に出勤し、ママは仕事、その日の担当スタッフが子どもたちの面倒を見ます。
スタッフは必ず全員が1回以上プログラムに同行します。もちろん私も担当日があります。
そして内容は、単に遊ばせるだけではありません。
子ども達が夏の思い出を作ったり、社会勉強の経験を積む機会として活用します。

イメージされる「子連れ出勤」とは違います

シーネットの子連れ出勤は通常の会社で行われている乳幼児の面倒をみながら仕事という形とは大きく異なります。
お預かりする子どもの大部分は小学生。

小学生の子どもが会社の託児スペースでおとなしく一日待っていられるでしょうか?
多くの方がお分かりかと思いますが、答えは「NO!」です。

宿題を与えても、ゲームを与えても、2時間持てば忍耐力あるほう。
普通の小学生なら1時間もたつと、うろうろし始めて、母親の様子を伺いに来るでしょう。
それでは母親は仕事に集中できるはずもありません。

子どもに楽しみを、母親は仕事に集中できます!

母親はいつも子どものことを気にかけています。
夏休みの間は、学校がありません。
「あの子は、今日誰と遊んでいるのかな?」
出勤しても母親の心の中にはチラッチラッと子どもの影が浮かびます。

また、土日と自分の夏休みだけでは遊びに連れて行ける回数も限りがあります。
いつでもフリーの専業主婦ママと自分を比べてしまう人も多いでしょう。

それを同時に解決できるのが「夏休み子どもわくわく体験!」です。

  • 子どもたちを知っているスタッフが必ず一人以上が一緒に引率します。
    いつもカフェタイムで話しているから、スタッフ全員がお互いの子どもについてよく知っています。
    そのスタッフが引率するので、預ける母親スタッフも安心できます。
  • 親子だけではなかなか行けない場所に連れて行きます。
    夏休みに子どもに体験させたいこと、沢山あるかと思います。
    シーネットではただ単なる遊びだけではなく、ボランティア活動も含めたジャンルの広いプログラム。
    子どもたちの新しい発見、興味が広がる仕組みです。

アスレチックの引率をしました!

前置きが長くなりましたが、私は平和島アスレチック公園へ子ども達を連れて行きました。
嬉しいことに、一週間前くらいから子どもたちの「楽しみにしている様子」を聞かされていました。

なんせ必ず池に落ちるので、着替えを持ってきてください」と注意書きのあるイベント。
普段、服を汚すとしかられる彼らにとって、汚れる前提で参加できるのです!
わくわくする気持ちも容易に理解できます。

子ども達の楽しそうな表情はレポートでお楽しみ下さい。(スタッフブログ)
8/10(月) 8/4 平和島アスレチック公園(第4回 夏休み子どもわくわく体験2015)

わくわく一覧

昨年にないカテゴリで見つけた子どもの輝き

アスレチック公園は昨年実施しなかったタイプのプログラム。
時間のない中で作り上げた昨年は「まなぶ」が大半でした。

想像してみて下さい。
アスレチックに育ち盛りの子どもを連れて行く。
次へ次へと、どんどん進む子ども達。
夏の日差しの中、それを追いかけていく自分。
それだけで「あー、ムリ。連れて行けなんかしない!」とうんざりする人も多いことでしょう。

夏休み子連れ出勤の折り返し地点にて

運動が苦手な子も楽しめるアスレチック

しかし、アスレチックは子どもたちにとって最高の体を動かせる遊びだと思いませんか?
学校の体育ではありません。
体育が苦手な子でも、一つできなくても、他の遊具で得意なものはきっとあります。

誰も点数をつけたりしません。
沢山の種類の遊具があるから、運動が得意な子も苦手な子もそれぞれのレベルで楽しめるのです。

実際、体育は苦手かな?と思っていた子どもから
「来年も絶対に“わくわく”でここに来たい!」という言葉が飛び出しました。

昨年は見ることのできなかった子ども達の新たな一面を見ることができたように感じました。
頭を使うことも大切ですが、単純に体を使って思いっきり遊ぶ。
そういうプログラムを、これからも毎年取り入れることも大切だと分かりました。

それだけでも十分成功だと思いますが、今回のプログラムを通して発見したことがあります。

兄弟のいる上の子を解放する

今回のアスレチックで今まで見たことのなかった表情を見せたのは、長男・長女組。
下に弟、妹がいる子達です。

出かけると、どうしても下の子のレベルに合わせます。
各家庭で遊びに行く場所を決めるときも、晩ご飯を決めるときもそれは優先事項。
少し年が離れていると、上の子には物足りない場合も多々でてきます。

今回のアスレチックは、先ほども話したように運動の苦手/得意に関わらず子ども達が楽しめました。
その中で私はできるだけ全体に目を配りながらも、子ども達が自主的に取り組む姿を応援しました。
つまり、とやかく個々を管理せず、それぞれを好きなように遊ばせました。

夏休み子連れ出勤の折り返し地点にて

その環境の中で長男・長女組は、自分たちの実力を100%出し切って遊べたようです。
いつも下の子に合わせて行動していた女の子。
「女ターザン」と他の子に称されるくらい、楽しんでくれました。

上の子たちは、私達が思っている以上に兄弟、家族に気遣っているのだと気づきました。
そんな子どもたちを単純に遊ばせて、自分の100%の力を出させ、自信をつけさせるプログラム。
来年以降の「わくわく」にも、是非取り入れて、ますますプログラムを力強く改善していきたいと思います。

ちなみに私もずぶ濡れになり、上から下まで全部着替えることになりました!

★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★

【夏休み子どもわくわく体験2015】
7/22(水)~8/27(木)全10回
4歳~小6のスタッフのお子様、計6名をお預かりします。
今年は関係者参加(子ども・大人)もOK♪
開催に合わせての取材もお受けしています~

代表ブログ
7/10(金) パワーアップ!「夏休み子どもわくわく体験!」今年も実施。

プレスリリース
7/24(金) プレスリリース配信

スタッフブログ
7/24(金) 7/22 プログラミング教室(第1回 夏休み子どもわくわく体験2015)
7/30(金) 7/28 中国人と水餃子を作ろう/目黒寄生虫館(第2回 夏休み子どもわくわく体験2015)
8/3(月) 7/31 ドットDNP/英語であそぼうラボ・パーティ(第3回 夏休み子どもわくわく体験2015)
8/10(月) 8/4 平和島アスレチック公園(第4回 夏休み子どもわくわく体験2015)
8/11(火) 8/7 デイサービスでシニアと歌おう♪(第5回 夏休み子どもわくわく体験2015)
8/16(日) 8/11 水陸両用車スカイダックに乗ってみよう!(第6回 夏休み子どもわくわく体験2015)

昨年の様子(まとめ)
「夏休み☆子どもと出勤わくわく体験!」を終えて。 

★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★。.+:゚・*☆*・゚:+.。★

主婦が働いている、というだけではなく、主婦が本当に働きやすい会社はどんな会社なのか?
シーネットなりのご提案を発信しています。
これからも応援よろしくお願いします!


お電話でのお問合せ03-5212-4311 メールでのお問合せ・資料請求
ページトップへ